インプラントの歯科を探そう

歯医者さんにかかるときというのは、虫歯が出来てしまったりですとか、歯の調子が悪いときが考えられます。
虫歯治療を行うというのは、その虫歯の進行具合にもよりますが、例えば歯を削ったりすることになります。
歯を削って、つめものを埋めてもらって、治療を終えることも出来れば、そうではないこともあります。
虫歯が非常に進行をしてしまっており、歯を削るだけでは対応が出来ず、歯を抜いてしまわなければいけない。
といった場合もありますね。
その際には、新しい歯を用意するという方法があります。
では新しい歯は、どのようにはめ込むのでしょうか?
差し歯をするという方法について見ていきましょう。
歯を作ってもらって、差し込むという方法になりますが、きちんと固定をしてもらって、噛むことが出来る方法とも感じます。
しかし、ぐらぐらしてしまうこともあるんですね。
それは、固いものを噛んだときに感じると思います。
固いものを、差し歯で思いっきり噛んだときに違和感を感じるかもしれません。
歯に負担がかかってしまって、その繰り返しで段々とぐらぐらしてきてしまう。
そして、また新しい歯を作ってもらって、差し込んでもらわなくてはいけない。
という危険性もあるんです。
次に、インプラントについて見ていきましょう。
ねじのような形をしたボルトをさしこんで、その上に歯を被せるという方法になります。
単に差し込む込むだけではなくて、しっかりと固定をするため丈夫な作りになっています。
そのため、固いものを噛んだとしてもずれることがありません。
差し歯であれば、簡単に外せるようになっているのですが、インプラントの場合は、簡単に外すことも出来ないので、非常に頑丈ということなんです。
このように、新しい歯を用意する方法にはさまざまありますが、インプラントについては、どこの歯医者さんでも行ってくれるのか?
それは違います。
インプラントの歯科を探して、治療を受ける必要があります。